お仕事紹介

鮮魚のお仕事紹介

仕事を通じて、魚を捌く技術が身に付きました。

「魚を捌けるようになったらいいな」くらいの気持ちで始めました。全く経験がなかったので、3枚おろしなど基本的なことも、最初は難しかったですね。包丁もプロ用のを使いますし、全てが勉強でした。でも、そのおかげで今は魚料理が一番得意ですよ。

職場の自慢は、チームワークの良さ。

どんな業務も“一人の仕事”ではなく“全員の仕事”として考えています。年末の繁忙期は時間に追われるんですが、そんなときは手が空いた人がサッとフォローに入ります。全員が一丸となって取り組むので、忙しさよりも楽しさや達成感が勝りますね。

スピーディーかつ、正確に。 基本こそが大切です。

基本的に、作業はマニュアルに沿って進めていきます。スピードと正確さを意識していますね。また、刺身の盛り合わせなどは、キレイに見えるような工夫をしたり。アイデアを出して何かするというより、一つひとつの作業を丁寧に・・・というのが大事です。

青果のお仕事紹介

季節による変化は面白いし、 勉強になります。

野菜・フルーツのカットやパック詰め、値付けなどを担当しています。季節によって取り扱う商品が変わるのが楽しいですね。同じ野菜でも、気候によって重さや大きさが全然違うんです。調理方法に関する知識も増えるので、勉強になりますよ。

職場には“お互い様”の精神が 根付いています。

部門の人数は多くないですが、チームワークやフォロー体制がしっかりしているので働きやすいです。お互いに助け合うのが当たり前という雰囲気だから、わからないときも頼りやすいんですよ。特に意識しなくても、自然と声を掛け合いながら仕事を進めている感じです。

お客様の目に留まるような 見せ方を心がけています。

品出しの際は、ただ商品を積んでいくのではなく“どう見せるか”を意識しています。彩りも大事ですね。見た目のキレイさって、お客様の購買意欲にすごく影響するんですよ。あとは、献立をイメージしやすいような配置も大切。白菜の近くにはネギや椎茸を置くとか工夫しています。

精肉のお仕事紹介

受け持っている仕事が多い分、達成感は格別です。

肉のスライスから値段付け、品出し、生産まで全部担当しています。ウインナーなどの加工品も畜産部が扱うので、毎日時間との戦いですね。でも忙しい分、我ながら段取りはすごく良くなったなと思います。テキパキ進められると、すごく達成感があるんですよ。

ミスなく、正確に。基本こそが一番大事だと考えています。

何よりも大切にしているのは“正確さ”。値段や賞味期限など、間違いがないように気を付けています。特に、商品が生肉なので衛生面の管理は絶対ですね。ミスをせず、一つひとつの作業を丁寧に・・・という姿勢で仕事をしています。

ちょっとしたことでも、お客様から頂く言葉が嬉しい。

お客様との接点は結構あります。品出しの際にはよく「これはどう調理するの?」とか聞かれますし。後日、同じお客様が来店されて「この前の美味しかったよ」と言って下さったり。些細なことですけど、大きなやりがいに繋がっています。

惣菜のお仕事紹介

惣菜部門なら、料理の勉強も できると思って。

以前は事務系の仕事をしていましたが、近所に『ライフ』がオープンすると知って興味を持ちました。レジか惣菜のどちらかで働けたらなあと。今は惣菜部門を担当しています。料理の勉強になるので、自分自身のスキルアップにも繋がりますよ。

街を歩いていても、ついディスプレイや盛り付けに目がいきます。

材料はある程度調理された状態で届くので、あまり難しさはありません。一方で、盛り付け方など家庭料理とは違った基準があるんです。 “いかにキレイに見せるか”が売上に直結するんですよ。効率良く量を作ればいい、というだけではないのが面白いです。

世代の垣根もなく、仲良く働いています。

ここでは、20~60代まで幅広い世代が働いています。でも年齢による垣根なんかは全然なくて、仲はいいですよ。忙しいときも、みんなでフォローし合うのが当たり前という雰囲気です。 気さくな人ばかりですし、新しく入った方でもすぐ馴染めると思います。

ベーカリーのお仕事紹介

タイミング良くオープンの話があったんです。

もともとパンが大好きで、自分でも作ってみたいと思っていたところに『ライフ』のオープンの話があって。全くの未経験でしたが、迷いなく飛び込みましたね。最初はパン生地を混ぜたり、ドーナツを揚げたりという作業からだったので、問題なく覚えられました。

キレイに焼き上がったとき、 何よりのやりがいを感じます。

仕事をしていて嬉しいのは、パンがキレイに焼き上がったとき。新商品なんかは“ちゃんとできた”っていう安心感もあるから、より嬉しいです。初めての商品はいつもドキドキで。先輩たちは分量から温度まで全部頭に入っているので、私もいずれはそうなりたいですね。

この仕事を始めてから、時間への意識が変わりました。

時間に対する意識は常に持っています。ベーカリーは朝が早いんですが、スタートが遅れると全ての作業がストップしてしまうんですよ。ベーカリーはお昼くらいまでにどれだけ多くの商品を並べられるかが勝負なので、朝シフトのときは出勤時間を何度も確認しますね。

デイリー・加工食品のお仕事紹介

急なお休みも、みんなで 快くフォローし合っています。

お子さんの発熱などで急にお休みすることになっても、「お互い様」の気持ちでみんな快く対応しています。そういった雰囲気ですのでとても働きやすく、和気あいあいとしていますよ。

自分の仕事は接客業だと常に 意識しています。

品出しや在庫管理、発注などを担当しています。売場に出ている以上、接客業という意識は常にありますね。お客様の邪魔にならないようにしたり、通らないといけないときはお声掛けしたりとか些細なことですけど。どんな商品も、買って下さる方がいてこそですから。

パートの意見も、店長自ら聞いてくれるんです。

店長をはじめ、上の方々は私たちパートの意見もしっかり聞いてくれます。「主任を通して」というのではなく、直接話を聞いてくれるのがありがたいですね。一人ひとりをしっかり尊重してもらえる環境なので、パート同士の人間関係もすごく良いです。

雑貨・日用品のお仕事紹介

特別難しいことはありません。

担当しているのは、品出しや陳列、レジなどの業務。慣れてしまえば難しくない仕事です。挨拶はきちんとするとか、売場をキレイに保つとか“当たり前のことを当たり前に”という意識で仕事をしています。

無理のないペースで働いています。

販売の経験はありませんでしたが、日用雑貨なら馴染みもあるしチャレンジできそうかなって。今思えば、とても気軽なスタートでしたね(笑)。勤務しているのは週4日。1日4hの勤務なので、余裕を持って働いています。

お客様からの「ありがとう」が何よりのやりがいです。

売場にいると、お客様から相談を受けることが結構あって。「こういう物が欲しいんだけど、どれがいいのかな?」とか。オススメした商品に対して「この前の、すごく便利だよ」と言って頂けると嬉しいですね。私自身も日用雑貨が好きなので、毎日とても楽しいですよ。

衣料品のお仕事紹介

お客様が“欲しい”と思えるような売場づくりを意識しています。

私が受け持っているのは婦人服です。レジや品出し・売価変更からマネキンのコーディネートまで全部携わっていますよ。お客様の目に留まるように・・・というのは常に考えています。もともと洋服に関する仕事をしたくて始めたので、毎日とても充実しています。

“いつも同じ”じゃないことが楽しいんです。

ファッションって、常に流動するものですよね。その変化についていくのはラクではないけれど、楽しい。季節に合ったコーディネートを考えたり、メディアに取り上げられているトレンドを取り入れたり。なので、アンテナは広く張るようにしています。

人に恵まれた職場環境だと思っています。

職場は、業務に対する意識が高い人が多いですね。みんな常に“より良い状態”を目指しているので、感化されて自然と私もモチベーションが上がります。チームワークも大事にしていますよ。個人プレーではなく“全員での仕事”と考えています。

レジのお仕事紹介

“レジに挑戦したい”という想いだけで始めたお仕事。

レジの仕事をしてみたいと思っていたとき、知り合いが『ライフ』の募集を教えてくれたんです。経験はありませんでしたが、レジ専任なのですぐに覚えられましたよ。今ではできる業務も増えて、サービスカウンター業務も担当しています。

「いらっしゃいませ」から「ありがとうございました」まで。

心がけているのは、“相手の立場で考える”ということ。お惣菜と生ものは袋を分けるとか、お米など重いものだったらサッカー台まで運ぶとか、ちょっとしたことですが。レジで満足して頂けると、お店全体の印象もグンと良くなるので、心を込めて対応するようにしています。

明るい仲間たちから、元気と 刺激をもらっています。

明るくて面白い仲間ばかりなので、とても楽しく働けています。年齢や家庭環境はそれぞれ違いますが、みんなとても仲がいいんです。違いがある分、刺激を受けることも多いですしね。単にお給料を得られるだけではなく、社会と繋がっていられるのもこの仕事の魅力だと思います。

登録販売者のお仕事紹介

登録販売者になると、仕事の幅が広がるんです。

商品陳列などの売場づくりをはじめ、薬に関する問い合わせへの対応がメインの仕事です。以前もドラッグストアで働いていましたが、当時は登録販売者ではなかったんです。資格を取ってからは、薬品に関する知識と仕事の幅が一気に増えましたね。

少人数ですが、連携の良さで フォローし合っています。

1日の勤務時間は7hで、週5日出勤しています。今は3名のローテーションでシフトをつくっていて、休みは事前に申告すればOK。助け合いの精神が根付いているので、とても働きやすいですよ。もちろん、業務中のチームワークも抜群です。

資格は持っているけど、 学ぶことはまだまだあります。

わからないことはそのままにせず、随時質問することが大切だと思っています。薬に関することはもちろんですが、売場のルールとか些細なことでも。私も『ライフ』で働き始めて数年になりますが、まだまだ勉強中です。素直に吸収する姿勢はずっと持ち続けたいですね。

加工センターのお仕事紹介

スーパーに納品される前の工程を担っています。

肉や魚など、お取引先から仕入れた食材を扱いやすいように加工するのが私たちの仕事です。具体的には、お肉を加工したり、惣菜用の魚に粉を付けて揚げるだけの状態にしたりとか。商品を店頭にスムーズに並べる為には欠かせないポジションだと思っています。

衛生面とスピード。 正確さも大事です。

食品を扱っているので、衛生面の管理は徹底しています。あとはやっぱり、スピードですね。テキパキ効率良く進めないと、次の作業が滞ってしまうので。慣れるまでは大変でしたが、一度リズムを掴んでしまえばドンドンこなしていけますよ。

居心地の良い職場だからこそ、長く続けたいと思えるんです。

私自身も、最初は全く経験のない状態からスタートしました。“興味があるからやってみよう”くらいの気持ちでしたね。長く続けていられるのは、やっぱり職場環境が良いから。とても気さくなメンバーばかりなので、居心地が良いんですよ。

ネットスーパーのお仕事紹介

商品承りから梱包まで、 正確で丁寧な仕事を。

出社したら、まずパソコンで注文を確認します。多い日では40件ほどの注文が入ることも。配送の締切りまでにコーナー別に商品を集め、お客様ごとに振分け、商品を傷つけないように梱包します。商品の目利きも大切な仕事です。

売場、新商品の把握が スピードアップの秘訣。

初めは「ネット」なので、パソコンに向かう仕事だと思っていました。けれども、実際は店内を歩き回るので、仕事終わりに万歩計を見ると1万歩を軽く超えることも。売場、新商品を覚えることがスムーズに仕事をするための基本です。

直接の感謝の言葉に、 やりがいを感じます。

ネットスーパーの常連のお客様がご来店されたときに、「いつもネットスーパーを使わせてもらってありがとう」と感謝の言葉をいただくと、自分の仕事が確実にお客様のお役に立てていることがわかって、嬉しくなりますね。